寒い冬、布団嫌いの子供の救世主!マイベストスリーパーはこれだ!

ねんね, 冬の赤ちゃん, 子育て期ねんね, スリーパー, 子育て, 育児, 赤ちゃん

寒い冬、布団を蹴っ飛ばしてしまう我が子に布団をかけようと毎日格闘しているママも多いと思います。

筆者もまさにその1人!!!

布団がこんなにあったかいのに!
なぜ布団を蹴っ飛ばして手足を布団の上に乗せているの!
手足がキンキンに冷えてるよ!!

今回の記事はそんなときの救世主、「スリーパー」についてまとめます!!

※※寒い冬、赤ちゃんにとって快適な最適な室温にするための記事はこちらを参照してください☆
寒い冬の夜。赤ちゃんのいる部屋の温度はどうする?

スポンサーリンク

冬の赤ちゃんの救世主、スリーパーとは?

スリーパーとは、赤ちゃんが冬にねんねするときのアイテムで、赤ちゃんの体をすっぽりと包むベストのようなものです。
赤ちゃんはお布団を蹴っ飛ばしてはだけてしまうものなので、あったかいのをそのまま体につけちゃおう!という発想ですね。

↓こういうのです(新生児が着ると大きすぎてカワイイ!)

お洋服に色々な素材があるように、もちろんスリーパーにも色々なタイプがあります。

スリーパーの主な素材は

  • ガーゼタイプ
  • フリースタイプ
  • 綿毛布タイプ
  • ダウンタイプ

があります。

形としては、写真のようなベストタイプが多いですが、

  • 袖がついているもの

  • 足がついているもの

  • 袖も足もついているもの

  • 超ロングタイプ

などがあります。

えっこれほとんど布団じゃん!というのもありますw

また、ベストタイプの中でも、肩にボタンがついているもの、前ボタンのもの、前ジッパーのものなどがあるのでよ〜く調べて買うことをオススメします!

全部で6枚ほどスリーパーを持っている筆者の経験からすると、

  • 日中使うならベストタイプ。被せるタイプより、肩にボタンがついていて、大きく開くことができるタイプが着脱させやすくて便利
  • ねんねのときはベストタイプだと下がめくれあがってきて、結果赤ちゃんの首元にまとまってお尻丸出しということが多々あるので、足がついているもの股にボタンがあるものがいい
  • 赤ちゃんは足先で温度調整しているので、超ロングタイプより足先が出ている方が良い

と思いました!!よかったら参考にしてください☆
次からは素材別の説明をします。

ガーゼタイプのスリーパー

ガーゼの中でも何重にもなっているもの裏がメッシュになっていて通気性がいいものなど各社で色々なものが発売されています。
ガーゼタイプは手触りがとても良く、洗ってもすぐ乾くので使い勝手がとてもgood!

  • 綿なので赤ちゃんにも安心
  • 手触りがとてもいい
  • 洗ってもすぐ乾くので使い心地バツグン
  • 洗うたびに空気を含むので使い込めば使い込むほど柔らかくなる
  • 汗もしっかり吸収してくれる

などの良い点があります。
欠点としては防寒能力がフリースやダウンには劣るところ。
しかしながら、夏の夜のクーラーからの寝冷え予防や、秋口のカーディガン代わり、冬の日中の上着代わりなど年中使えるところがとても良いです!

筆者もお祝いで1枚もらい、使い心地がいいのでもう1枚買い足しました!
持っているのはコチラ↓

もう一枚はサイドにしかボタンがついていないので、首から被せるタイプになります。
やはりこちらのデザインのように、片側が全部開くタイプの方がねんねしていても着せやすいのでオススメ。

夏は家の中でクーラーをかけているので冷えないように着せたり、秋頃に着せるなどとても重宝しています。

フリースタイプのスリーパー

フリースタイプのスリーパーは以下の良い点があります。

  • ガーゼより保温性が高い
  • 洗っても比較的早く乾くため、使い勝手がいい
  • ダウンに比べて軽量
  • ふわふわもこもこで気持ちいい

ガーゼタイプよりも保温性が高いため、寒くなってきた頃の明け方なども、安心してねんねしている赤ちゃんを見ていられます。
欠点としては裏地がそこまでもこもこしていないので、真冬の夜は少し心配なこと。
軽量なので冬の日中に着せるなど、ガーゼタイプとダウンタイプの中間、のような間隔で使うと良いと思います。

筆者が持っているのはこちらのスリーパー。

寒い冬ねんねする時用に買ったのですが、防寒に少し不安があったので結局使わずに冬の日中に使うことにしました。
結局夜中に足が出てしまうので、もっとしっかり足首まで覆える形になっているものの方が安心です。

綿毛布タイプのスリーパー、ダウンタイプのスリーパー

綿毛布やダウンタイプのスリーパーはとにかく保温性が高いのが利点!
要するに毛布を1枚かけている、ダウンを着ているということになるので、1月2月の夜に赤ちゃんが布団をはいでしまっていても安心です。
綿毛布の方は綿なので赤ちゃんにも安心。
ダウンの扱いについては、他のタイプと比較すると欠点の方が多いかも・・・

  • ダウンタイプは重たいので動きが制限され、嫌がる子がいるかも
  • 手洗いしなきゃいけないものもあり、乾きにくいので扱い辛い

しかし!!
沢山スリーパーを買った筆者は、このすごく暖かいスリーパーが1番重宝しています!!
綿毛布タイプもダウンタイプも持っていますが、とにかく寒い夜はダウンのスリーパー!!
これを着せてるだけで安心感が違います。

うちの子は嫌がらずに着ているのでそこまで重さも気にならないのかも。
冬なのでしょっちゅう洗うわけでもないので、とてもオススメ。
寒い冬の夜は綿毛布とダウンを洗い替えで使っています。

ちなみに筆者が持っているのはミキハウスのこちらのスリーパー。
少しお高いですが、長く使えるすごくいいものだと思います!

(画像をクリックすると楽天のページへ飛びます)

綿毛布タイプ

ダウンタイプ

ただし、このタイプは股下のところにボタンがないため、寝相が悪い子だとはだける可能性大。
うちの子もよく動くのでお尻丸出しになっている時があってハラハラ。
こういうタイプに自分でボタンを付けるか、もともと足がついているタイプのものの方が安心だと思います。

スリーパーまとめ

家にあるカーディガンなどを利用できるおうちはいいですが、あると絶対便利なスリーパー!
筆者の持っているスリーパーを例に説明してきましたが、柄もいろいろあるのでぜひ調べてみてください!

これで冬の赤ちゃんの不安から解放です(∩´∀`)∩ワーイ


PAGE TOP