布おむつの洗い方とは?運用方法を紹介します

おむつ, 子育て期ママ, 子育て, 布おむつ, 紙おむつ, 育児, 赤ちゃん

紙おむつより手間はかかるけど、少しお得になる経済的な布おむつ!

布おむつが紙おむつよりオトクなのはわかったけど、布おむつの実際の運用方法のイメージがわかない・・・

そんなママ向けに一例として、どんな流れで実際に運用しているのかを紹介します。

※※布おむつがどれぐらい経済的なのか先に知りたい方はこちらの記事をどうぞ!
布おむつは経済的!?紙おむつと比較して計算してみました


スポンサーリンク

布おむつに必要なもの

まずは布おむつに必要なものを確認!

  • 成形おむつ
    おマタに当てるもの。昔の人は大きい布を折って使用していたけど、今は簡単につけられるよう成形されたものが販売されています。
    新生児期は鬼のようにおしっこやうんちをするので、1日25枚ぐらい余裕で使ってました・・・
    2〜3ヶ月から落ち着いてきたので、1日10枚強に減りました☆

  • おむつカバー
    おむつカバーに成形おむつを重ねてお尻につけます。
    (分かりやすく言うと紙おむつの形をしたカバーの中に、おりものシートみたいなのを入れてそのシートを取り替えるイメージ。それを洗濯して使う。・・・余計わかりにくい!?w)

    普段は洗わないけど、うんちが横に付いたら洗って乾かします。洗濯機で乾燥すると水はけが悪くなるので基本的に手洗いで。

  • バケツ
    洗ったおむつを浸け置きするバケツ。

  • フタ付きゴミ箱
    うんちを拭いたお尻拭きを捨てるゴミ箱。なんやかんや臭うので専用のフタ付きがオススメ

  • かごみたいなやつ(何でも良いです)
    外したてのホカホカおむつを一時的にいれておくカゴ

布おむつ運用の流れ

おむつカバーに成形おむつを重ねて赤ちゃんのお尻に着用!

nunoomutsutyakuyou

う〜ん布だから気持ちよさそう(∩´∀`)∩ワーイ

つけ置き用バケツを用意しよう

汚れた成形おむつを入れておくバケツです。
洗剤を入れたバケツにつけ置くことで、うんちの黄色いのも取れるのです(・∀・)!

baketsu

おむつが湿った状態で空気に触れさせておくと、カビが発生しておむつがピンク色になってしまう場合があるのと、臭いの防止としても浸け置いた方がgood!

バケツの半分ぐらいに水を入れて、洗剤を入れます。
重曹を入れるママもいるみたいですね!
筆者は最後に洗濯機で洗うので、洗剤のすすぎ残りは気にせず、洗濯用洗剤をそのまま使っています。
(夜15Lで洗濯するので、それに対応する洗剤の量をいれています)

赤ちゃんがおしっこをしたとき

紙おむつと違っておしっこの線は見えません!!

なのでおむつを開くか、おむつカバーの横から指をつっこんで触って確かめます。

じっとりしてたら取り替えます。成形おむつ全体が濡れてもおむつカバーがあるので漏れませんが、ちょっとでも濡れてたら取り替えてあげるとお尻にやさしい!

気兼ねなく取替え放題なのが布おむつのいいところ꒰*´∀`*꒱

取り替えたら、水道水で軽く洗って浸け置きバケツにポイッ!
夜まで浸け置きます。

赤ちゃんがうんちをしたとき

赤ちゃんのおならやうんちをする音は意外とハッキリ聞こえるものww

ねんね中、授乳中、どんなときでもブリブリッが聞こえたらすぐオムツを変えましょう!

布おむつは紙おむつと違って、大量のうんちをされると漏れる可能性が高いです!ww

ブリブリが聞こえなくても、確認したときにうんちしていたら慌てず騒がず!!

まずはおしり拭きで赤ちゃんのおしりをキレイに拭きましょう!

◎おむつカバーまで漏れていない場合

成形おむつを取り替えて、汚れたおむつをそーっとトイレへ!
月齢の小さいうち、特に母乳の場合はうんちはゆるゆる
そのゆるゆるうんちをトイレットペーパーで拭き取ります。
固形の場合はうんちをトイレにぽいっ。

その後、成形おむつに黄色いのがついてしまっていると思うので、それを石鹸で洗いましょう!
石鹸をつけてゴシゴシするとやんわり色が取れます♪

よくすすいで絞ったら浸け置きバケツにポイッ!
夜まで浸け置きます。

※※世のママは他にどんな方法を使ってる!?※※
うんちの取り方は人それぞれ。

  • トイレの便器の中で洗っちゃう。
    →筆者は大腸菌とか気になるのでさすがにこれはしていません・・・

  • もうひとつバケツを用意しておいて、水に表面をつけてゆらゆらしてうんちを浮かせて取る(うんちをゆらゆらした後の水はトイレに流す)
    →やってみたけどうまくいかず(笑)歯ブラシで表面をこするととれたけど、面倒になって結局トイレットペーパーで拭き取る方法に落ち着きました。

  • 使い捨てライナーを敷いてそのまま捨てる
    →運用は楽そうだけど、布おむつの「経済的」の部分の意味がないような・・・。

  • すくえる部分だけプラスチックのスプーンでトイレに流す
  • 別のバケツの中でシャワーの水流で落とす
  • 最後にたわしでゴシゴシする
  • さっと水洗いして、漂白剤に浸ける
  • ゴム手袋して洗面器でざっと洗う→汚水はトイレに捨てる→石鹸で洗う→バケツで浸け置き

筆者の感想もつけちゃいましたが、色々試してみて自分がやりやすい方法がいいと思います!

筆者はトイレットペーパーで表面を拭くのに落ち着きましたが、それだってもったいない!という人もいるかもしれません(・∀・)自分のやり方を見つけましょう♪♪

◎おむつカバーまで漏れていた場合

おむつカバーは頻繁には洗わないですが、たまにうんちが横モレしてしまった場合は手洗いします。

その際、浸け置きをしたり洗濯機でまわすと防水加工が弱くなってしまうので、手洗いが基本!!

汚れた部分だけ石鹸をつけてゴシゴシすると、あら不思議、うんちの濃い色もキレイに落ちます☆

全体が気になる場合も、石鹸+水洗いでしっかりすすいでから干しましょう!

最後に洗濯をしよう

筆者の場合は夜、赤ちゃんが寝た後に洗濯機をまわします。
バケツに溜まった成形おむつを浸け置き水と一緒に洗濯機にぽいっ!
この時、浸け置き水は捨てて改めて水を入れるママもいるみたい。
筆者は水洗いをしっかりしてるので、そのまま浸け置き水を使います。

洗濯機の水の量を15L(最小)に合わせて通常コースでぽちっ。
後は洗濯機が洗ってくれるのを待って、最後に干しておわり!

omutsukawakasu

天気の良い日は朝日光に当てるために外に出すこともあります。
日光に当てられれば色もしっかり落ちるのでベストですが、冬は暖かくしている部屋の中の方が早く乾くので、部屋干ししてそのまま使います。

わざわざ洗濯機に入れないママもいますが、洗剤のすすぎ残しがあるとかぶれる原因にもなることもあるみたいなので、これまた自分流の方法を見つけてくださいね。

慣れれば大丈夫!布おむつライフ

以上が主な布おむつ運用の流れになります。

面倒と思いがちですがなれちゃうと全然苦になりません(・∀・)
まあ、紙に比べたら手間はありますがその分いいこともいっぱい!!

よかったら挑戦してみてくださいね꒰*´∀`*꒱


PAGE TOP