赤ちゃんや幼児、子連れで行ける映画館をまとめてみました

ママの趣味, 子育て期ママ, 子連れ, 幼児向け映画, 映画, 育児, 赤ちゃん

産後のママが行けなくてストレスがたまるところと言えば・・・映画館!!
授乳の心配はもちろん、卒乳をしてからも真っ暗な映画館に2時間強赤ちゃんや幼児を連れて行くのは気が引けるし心配・・・
でもストレス発散や、話題の映画を見るために映画館に行きたい!!
そんな映画好きママ必見の、子連れで行ける映画館をまとめましたので参考にしてください!

スポンサーリンク

赤ちゃん、幼児や子連れで行ける映画館は意外とある!

筆者も映画に行くために何度か旦那さんに子供を預けて行ったことがありますが、ここでは

「子供と一緒に映画に行こう!」

という発想の元、そんなサービスを提供している映画館を調査してまとめます。
映画館によって条件が違うため、しっかり確認してから行ってくださいね。

赤ちゃんと一緒に入れる!ママズクラブシアター

赤ちゃん連れでも映画を楽しみたいというママ向けに、TOHOCINEMASが提供しているサービスです。

ママズクラブシアターの特徴

  • 赤ちゃん連れのママ向けのサービスなので、赤ちゃんがぐずってもお互い様の精神で気にせず映画を見ることができる
  • 空調の設定が赤ちゃんに合わない場合に係員が対応してくれる
  • チャイルドシートの用意もある
  • 赤ちゃんが怖がらないよう、通常より照明を明るめに設定

ママズクラブシアターの実施日

毎月木曜日、月に1〜2回実施しています。

ママズクラブシアターの料金

一般:1,400円
小人: 800円
(※上映映画や劇場によって料金が異なる場合があります。)

ママズクラブシアターの対象作品や、実施している劇場

全国のTOHOシネマズにありますので是非チェックしてみてください。
TOHOシネマズ ママズクラブシアターのホームページ

ほっとママシネマ

ほっとママシネマとは、日々の子育ての合間に「ほっと一息、映画でも楽しんで!」という思いをこめて、MOVIXが提供するママ、パパ、赤ちゃんだけの上映会です。

ほっとママシネマの特徴

予約・定員制なので、

  • ママと赤ちゃんのための鑑賞会なので、わいわいがやがや、何の気兼ねもなく安心・自由に楽しめる
  • 赤ちゃんが怖がらないように、照明は通常より明るめ
  • 赤ちゃんが驚かないように音響は通常より小さめ
  • 赤ちゃんの飲み物&お菓子は持ち込みOK
  • 簡易授乳スペース(お湯もある)、オムツ替えスペースも完備
  • 子どもたちが遊べるスペースもあって、おもちゃもたくさんある

ほっとママシネマの実施日

月に数回、不定期でやっているようです。

ほっとママシネマの料金

入場料金・・・1,200円(ママ1人につき、補助席1席付)
3歳以上・・・800円
3歳未満・・・無料

※前売券も利用できるけど差額は支払われない

ほっとママシネマの対象作品や、実施している劇場

こちらで確認ができるのでぜひチェックしてみてください。
ホットママシネマのホームページ

チネママシアター

チネチッタという川崎市のシネコンが開催してるママが子連れで楽しめる映画です。
川崎在住の映画好きママは要チェックです!

チネママシアターの特徴

  • 赤ちゃんが泣いてしまっても大丈夫
  • 簡易授乳、オムツ替えスペースも完備
  • 赤ちゃんの飲み物や軽食の持込可能
  • 音量は小さめ、照明は明るめ
  • ベビーカーはロビーまで持込可能
  • シアター前ロビーに女性スタッフが常駐

チネママシアターの実施日

不定期で行われているそうです。

チネママシアターの料金

ママ ¥1,300
おばあちゃん ¥1,100
小人(3歳以上・小学生まで) ¥800

※お子様(小学生まで)同伴の女性限定
※3歳未満のお子様は無料
※前売券・チネチッタ共通券・招待券・各種割引券は利用不可

チネママシアターの対象作品や、実施している劇場

次回上映が決定し次第、ホームページで案内されるので随時チェックしてみてください。
チネママシアターのホームページ

開催が決定するとtwitterで【チネママシアター開催決定!!】とツイートされるのでフォローしておくといいかもしれません!
@cinecitta_jp

品川プリンスシネマ「シネマでママ休みプラン」

ホテル直営シネコン型映画館であるT・ジョイPRINCE品川が提供しているママ向けの映画プランです。
ロビー内に「抱っこルーム」という託児施設(対象年齢:3ヶ月から小学生未満)を完備しているので、ママが映画を観ている間預かってもらえます。子連れで行くというよりは、託児施設付きでママが映画を楽しめるというプランです!

シネマでママ休みプランの特徴

映画料金(一般館)・ドリンク付・託児料金(映画上映時間+カフェタイム1時間)がセットになったお得なプラン。
託児施設である「dakko(だっこ)ルーム」には経験豊かなスタッフが常駐。
スタッフの育成に関しては研修制度を導入していて、子供の安全や衛生管理にかかわる知識、あらゆる保険技術に加え、お客さまとのコミュニケーション能力やマナーについても身につけているというので安心!

シネマでママ休みプランの実施日

毎週水曜日1日5組限定になります。

シネマでママ休みプランの料金

¥5,800 おとな(女性)1名・こども1名(消費税込)

※プレミアム館・3D上映の場合、追加料金がかかります
※前日からキャンセル料がかかります(前日¥1,000 ・ 当日¥2,000)

シネマでママ休みプランの対象作品や、実施している劇場

こちらをご参照ください(・∀・)

T・ジョイPRINCE品川のホームページ
小学館グループの託児ルーム dakkoroomのホームページ

預かる子供の時間や条件についてはホームページをご確認ください!

イオンシネマのウィズキッズシアター

ワーナー・マイカル・シネマズが提供する親子観賞用の映画なのですが、ウィズ・キッズ・シアターを行っていてもサイトに掲載のない場合がほとんどのようです。お近くの映画館で直接電話で問い合わせたり、直接劇場のチラシを確認すると情報が見つかるようです。

児童館などでチェックする

児童館などでチェックしていると、近所の施設でママ向けの映画を開催している場合があります。そういったものをくまなくチェックしていると、興味のある映画を子連れで見れるチャンスがあります!

随時情報をチェックして映画を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?
赤ちゃんを連れて行ける映画は意外と沢山ありますね!
ただ、インターネットにきちんと情報が掲載されているところだと時間や場所が限られてしまいます。
その点自分の近くの地域で開催されていると行きやすいのでぜひチェックしてみてください!


PAGE TOP