授乳回数が減るどころか増えてる!このままでいいの?

おっぱい, 子育て期, 赤ちゃん6ヶ月6ヶ月, おっぱい, 子育て, 授乳回数, 育児, 赤ちゃん

赤ちゃんが成長するとともに、頻回授乳だったのがだんだん間隔があいてきます・・・

ってうちの子回数増えてますけど!?笑
もう6ヶ月ぐらいになるのにこんなに飲んでて大丈夫?
離乳食が足りないの??


スポンサーリンク

完全母乳のママに多い、授乳回数の増加

もともと完母で育てているのもあり、授乳回数がよその子より多いなあとは感じていたけど、4〜5ヶ月になるにつれようやく間隔があいてきて、これから離乳食が始まればどんどん間隔もあいていくはず・・・

と思っていたのになぜかおっぱい星人に逆戻り!w

離乳食の量もあまり進まず、6ヶ月〜7ヶ月の月齢でこんなにおっぱい飲んでていいの!?というぐらい、授乳回数が多くて不安だったのですが、

これは完母のママによくあることだそうです!!

離乳食も、完母の場合進むのが遅かったり、あまり食べないことも多いそう。

授乳回数が多いのはママが大好きな証拠

6ヶ月ぐらいになると、色々なことを理解したり覚えたりする時期に入ります。
今までされるがままにやってきたことも、1つ1つ理解をし始める時期。

何かに興奮したり、ドキドキしたり、びっくりしたり・・・

そんなとき、一番安心するママのおっぱいにさわって安心したくなることが多くなるのも納得できますよね!!

筆者も今まで泣いたらすぐおっぱいをあげてたのがいけなかったかなあとか思い悩みましたが、赤ちゃんのこれからの長い人生の中で、おっぱいをあげられる時期はほんのちょっと。

あまり深く考えずに、今おっぱいをハフハフ飲む我が子のかわいさを満喫することも大事!と思うことも重要みたいです。

もちろん、あやしたり散歩したり、いろいろ遊んであげることも重要ですが、時間とにらめっこして無理に回数を減らさなくても大丈夫とのこと。

あ〜よかったwwwε-(´∀`*)ホッ

離乳食を食べさせなきゃ!と焦る気持ちが伝わってしまう

離乳食が思うように進まないのも、この時期多い悩み。

でもママが一生懸命になればなるほど、赤ちゃんに頑張って離乳食を食べさせないと!という気持ちが赤ちゃんに伝わって、楽しく食べるというこの月齢のときの本来の目的を忘れてしまうのは逆効果。

この時期はとにかく、

  • 食べ物に興味を持たせる
  • 食事って楽しいなあと思わせる

というのが大事なので、量はそんなに気にしなくていいそう。
また、時間帯も決まった時間に食べさせなきゃ!とがんじがらめにならず、極端に時間をずらさなければずれても大丈夫。

とにかくママも楽な気持ちで楽しく食べさせることが大事だそう。

これを聞いてちょっと心が楽になりました!

気にし過ぎはよくない!おっぱいはあげすぎということはない!!

とにかく、育児書や他のママの話と比べて不安にならなくてOK!

気にしすぎず、頑張り過ぎないのが重要!

幸い、おっぱいはミルクと違ってあげすぎてNGということはありません。

欲しがるだけたっぷりあげて愛情をあげましょう☆

断乳の時は近づいていますよ!!


PAGE TOP